BLACKOUT / SCORPIONS (私にとっての神アルバム:№29) なお、次回更新は10月30日(水)以降とさせて頂きます。

BLACKOUT / SCORPIONS

今回の「私にとっての神アルバム」は、ご存知ドイツ産ハード・ロック・バンド「SCORPIONS」の7th「BLACKOUT」です。

このブログを観て頂いている方々は、それぞれ「あの頃が最高!」と言う思い入れをお持ちだと思います。

私がこのバンドと出会ったのは「VIRGIN KILLER」の頃でした。例の過激なジャケの頃です。

当時通っていた高校にはハード・ロック好きが結構居て、「マイケル・シェンカー」がどうの「ウルリッヒロート(当時はこう呼ばれていました)」がこうのと、かなりの盛り上がりを見せていました。

どちらかと言うと洋楽後発組だった私は何とか追い付こうと、なけなしのお小遣いで「TOKYO TAPES(2枚組ライブ)」を買って聴きまくったものでした。

でも、彼らを本格的に「良いぞ!」と思って聴く様になったのは「LOVE DRIVE」からで、その翌年「JUDAS PRIEST」が「BRITISH STELL」を発表して、この2大バンドが「メタル」の道を切り開くと確信しました。

そして、この「BLACKOUT」がリリースされた1982年は、「JUDAS PRIEST」が「SCREAMING FOR VENGEANCE」を発表して、両バンドで全米に「メタル・ブーム」の火を付ける事に成功しましたね。

この頃は既に「マイケル・シェンカー」も「ウルリッヒロート」も居ませんでしたが、私は「マティアス・ヤプス」のメタル然とした堅実なギターと「ルドルフ・シェンカー」のカミソリの様なソリッドなリズムギターが大好きでした。

次作「LOVE AT A FIRST STING」も名作で、「ROCK YOU LIKE A HARRICANE」は当時会社で始めたバンドのレパートリーにした程でしたが、「ハード・ロック・バンド」から「メタル・バンド」に劇的に変身し、且つエネルギーの爆発度合いから「BLACKOUT」の方が私の記憶に強く刻み込まれました。

メタルシニア

<追伸>

本日から、自宅マンションのリフォームの為、ホテルに仮住まいとなりますので、当ブログの次回更新は10月30日(水)以降とさせて頂きます。


ハードロック・ヘヴィーメタルランキング


スポンサーサイト



テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

私的にはの話

『BLACKOUT』と『LOVE AT A FIRST STING』では、、、『LOVE AT A FIRST STING』となってしまいます。どちらも素晴らしいんですけど、『LOVE AT A FIRST STING』に軍配を!
何故なら「ROCK YOU LIKE A HARRICANE」が好きなんですよ!
途中、ギターが右チャンネル左チャンネルのなるところが大好きです。
とはいえ、私も80年代、つまりマティアス ヤプスからが好きです。あの歌メロの合間に入れるガヤ芸人のチャチャのようなギターがたまらないです。
もちろんカミソリギターも好きだし、クラウスの歌声も好きだし。
でも一番好きなのは、ハーマン ラレベルのタイトなドラムサウンド。とにかくハーマン ラレベルとデイブ ホーランドの音が好きな私です。
うわぁ、自分のブログのような長文お許し下さい(笑)
プロフィール

メタルシニア

Author:メタルシニア
<性別>男性(1961年生まれ)
<居住地>神奈川県・平塚市
<好みのジャンル>パワメタ・メロパワ・スラッシュ・メロデス・様式美・プログレメタル・メロハー・AOR
<メタルマニアへの履歴>
・初めて聴いたハードロックは、DEEP PURPLEのBURN
・高校時代にKISSにはまり、VAN HALENでギタリストに憧れる
・大学時代にNWOBHM・L.A.METALをリアルに体験
・30歳迄遊びでバンド活動をするも、仕事に忙殺されギターを置く
・但し、メタルは聴き続けてアルバムコレクションは12,000枚超え
・48歳からギターとバンド活動を再開
・湘南の地から、メタルの復興を目指す
*極力24:00台に更新を目指して頑張ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR