HATE MACHINE / HELLSCREAM (ヴォーカルにリヴァーブを掛け過ぎではありませんか?)

HATE MACHINE / HELLSCREAM

今日は、2020年4月号BURRNの「輸入盤アルバム」コーナーで紹介され「82点」とこちらは納得の評価だった、米国産・パワー・メタル・バンド「HELLSCREAM」の2nd「HATE MACHINE」についてコメントします。

<評価:3> 5段階評価
う~む。惜しいな~。

昨日の「METAL DE FACTO」がフィンランドの中堅メロディック・パワー・メタル・バンドの集合体だとすれば、このバンドは米国産B級パワー・メタル・バンドの集合体と言ったところでしょうかね?

特にギターさんは、所属するバンドが私が信頼するジューダス系パワー・メタル・バンド「CAGE」ですので、大期待でした。

ヴォーカルさんも、2019年12月16日に当ブログで取り上げた「IMAGIKA」のメンバーとなると、マニアには十分遡及しますね。

…と言う事で、ワクワクしながら聴き始めたのですが、出だしからいきなり「?」となってしまいました。

ヴォーカルに「リヴァーブ」が掛かり過ぎなんですよね~。

楽器隊の演奏は十分本格派を感じさせるものなのに、どうしてこんな事をしてしまったのでしょうか?

確かに80年代にメタルがブームになった当初は、リヴァーブを強めに掛けて奥行きを持たせる事が流行りました。

当時はそれが格好良かったのですが、この作品は「その時代でも過剰と感じるのでは?」と思うレベルです。

添付音源はプロモーション用のダイジェスト版にしましたので分かり難いかもしれませんが、皆様それぞれの耳で評価してみて頂きたいです。

メタルシニア



PS:我々世代を楽しませて頂いた「志村けん」さんに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト



テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メタルシニア

Author:メタルシニア
<性別>男性(1961年生まれ)
<居住地>神奈川県・平塚市
<好みのジャンル>パワメタ・メロパワ・スラッシュ・メロデス・様式美・プログレメタル・メロハー・AOR
<メタルマニアへの履歴>
・初めて聴いたハードロックは、DEEP PURPLEのBURN
・高校時代にKISSにはまり、VAN HALENでギタリストに憧れる
・大学時代にNWOBHM・L.A.METALをリアルに体験
・30歳迄遊びでバンド活動をするも、仕事に忙殺されギターを置く
・但し、メタルは聴き続けてアルバムコレクションは12,000枚超え
・48歳からギターとバンド活動を再開
・湘南の地から、メタルの復興を目指す
*極力24:00台に更新を目指して頑張ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR