TRANSCENDENCE / RAVENWORD (今日は「WARLOCK」を懐かしみましょうかね?)

TRANSCENDENCE / RAVENWORD

今日は、2020年4月号BURRNの「輸入盤アルバム」コーナーで紹介され「82点」と判断しずらい評価だった、イタリア産・シンフォニック・パワー・メタル・バンド「RAVENWORD」のデビュー作「TRANSCENDENCE」についてコメントします。

<評価:3> 5段階評価
今週は、何故か女性ヴォーカルのバンドが多くなります。

月曜日が「XTASY」で、明日・明後日は「CRYSTAL VIPER」を予定しています。

そして今日の「RAVENWORD」は、2020年2月5日のブログで高評価を与えた「TEMPERANCE」の元(女性)ボーカルさんを擁したシンフォニック・パワー・メタル・バンドです。

しかし今回の作品は、結構高い完成度を見せているものの「日本発売は無し」との事です。

ここがポイントで、女性ヴォーカルを擁するメタル・バンドって現在日本でどれ位の需要(人気?)があるのでしょうかね?

今迄も数多くの同系統のバンドを当ブログでご紹介して来ましたが、実は過去の皆様からのリアクションってイマイチ薄めだったんですよね…。

個人的にも「ゴシック」や「シンフォニック」系の欧州の歴史を感じさせるタイプってそれ程「ご執心」と言う感じでは無くて、それよりメタル然とした凛々しい感じの女性ヴォーカルさんに強く魅かれます。

月曜日の「XTASY」に対する「メタル・コミュニティー」の方からのコメントがきっかけになったのですが、やっぱ「WARLOCK」の「ドロ・ペッシュ」タイプの力強い女性ヴォーカルの方が好みですね~。

何と言うか、男性とはまた違った美意識と強い信念を感じて、グっと来るものがあります。

現在も「DORO」として現役で活動している様ですが、添付代表曲のPVの様に「男どもを引き連れて~」と言う感じの女性ヴォーカルさんの出現を今更ながら期待します。

メタルシニア



本作との関連性はありませんが、やっぱ格好良いので「女性・メタル・ヴォーカルの鑑」として添付します↓

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メタルシニア

Author:メタルシニア
<性別>男性(1961年生まれ)
<居住地>神奈川県・平塚市
<好みのジャンル>パワメタ・メロパワ・スラッシュ・メロデス・様式美・プログレメタル・メロハー・AOR
<メタルマニアへの履歴>
・初めて聴いたハードロックは、DEEP PURPLEのBURN
・高校時代にKISSにはまり、VAN HALENでギタリストに憧れる
・大学時代にNWOBHM・L.A.METALをリアルに体験
・30歳迄遊びでバンド活動をするも、仕事に忙殺されギターを置く
・但し、メタルは聴き続けてアルバムコレクションは12,000枚超え
・48歳からギターとバンド活動を再開
・湘南の地から、メタルの復興を目指す
*極力24:00台に更新を目指して頑張ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR