AT THE GATE / STEVE GRIMETTS GRIM REAPER (NWOBHMの生きる伝説です)

AT THE GATE / GRIM REAPER

今日は、2020年1月号BURRNの「輸入盤アルバム」コーナーで紹介され「81点」の今一歩の評価だった、英国産・パワー・メタル・バンド「STEVE GRIMETT'S GRIM REAPER」の2nd「AT THE GATE」についてコメントします。

<評価:3> 5段階評価
私は、この「GRIM REAPER」にかなりの思い入れがあります。

NWOBHMで成功したバンドと言うと、先ずは「IRON MAIDEN」や「DEF LEPPARD」の名前が挙がるでしょうが、この「GRIM REAPER」はB級バンドで唯一「米国で成功を掴みかけた」バンドだったんですよ!

それは、この稀有な才能を有した巨漢ボーカリスト「スティーヴ・グリメット」に負うところが大で、デビュー作からいきなり全米デビューを果たしました。

更に絶頂期(1987年)に発表した3rd「ROCK YOU TO HELL」は、「温故知新」でご紹介するつもりだった程最高に格好良い「パワー・メタル」作品で、先日「私にとっての神アルバム」でご紹介した「WILD DOGS」とカセットテープでカップリングして良く友人に紹介したものでした。

今回の作品はバンド名義ではありませんが、演奏陣の音処理を含め初期「ANTHEM(ジャパメタ)」を彷彿とさせるご機嫌な出来となっています。

BURRNの記事によると壮絶な経験をされたみたいですが、過日ご紹介した「TYGERS OF PAN TANG」と共にNWOBHMの息吹を今に伝える「生きる伝説」として、今後も頑張って欲しいと切に願っています。

メタルシニア

今回のアルバムのタイトルトラック↓



文中でご紹介した「Rock You To Hell」のタイトルトラック↓

スポンサーサイト



テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メタルシニア

Author:メタルシニア
<性別>男性(1961年生まれ)
<居住地>神奈川県・平塚市
<好みのジャンル>パワメタ・メロパワ・スラッシュ・メロデス・様式美・プログレメタル・メロハー・AOR
<メタルマニアへの履歴>
・初めて聴いたハードロックは、DEEP PURPLEのBURN
・高校時代にKISSにはまり、VAN HALENでギタリストに憧れる
・大学時代にNWOBHM・L.A.METALをリアルに体験
・30歳迄遊びでバンド活動をするも、仕事に忙殺されギターを置く
・但し、メタルは聴き続けてアルバムコレクションは12,000枚超え
・48歳からギターとバンド活動を再開
・湘南の地から、メタルの復興を目指す
*極力24:00台に更新を目指して頑張ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR