KNEE DEEP IN THE HOOPLA / STARSHIP (私にとっての神アルバム:№35)

KNEE DEEP IN THE HOOPLA / STARSHIP

今回の「私にとっての神アルバム」は、米国産ハード・ポップ・バンド「STARSHIP」の「KNEE DEEP IN THE HOOPLA」です。

突然ですが、私は80年代のあの「煌びやかな世界感」が、いまだに忘れられません。

確かに「バブル」でしたが、当時は日本だけでなく世界中がそうだったんですよね。

常に「新しい何か」を皆エネルギッシュに求めていて、実際毎日の様に「刺激的な情報」が発信され続けていました。

それって凄くないですか?

その時代を象徴するハード・ポップ・アルバムが、これです。

このバンドは、元を辿ると「JEFFERSON AIRPLANE」と言う「サイケデリック・ロック・バンド」なのですが、「JEFFERSON STARSHIP」でハード・ロック化し、その後「STARSHIP」で全く違うジャンルの「ポップ化」を果たし大成功しました。

このワクワク感って、何なのでしょうか?「ABBA」に感じた心地良さに似ています。

それでいて、何気にギターはハードめなんですよね~。

映画「マネキン」の挿入歌に使われた次作のバラード曲等も秀逸ですが、やはり私には明るめのポップな曲の方が今聞いても高揚感を与えてくれます。

懐かしさだけでなく、ポップス黄金期の素晴らしさを伝えてくれる作品として、いまだに輝き続けていると思います。

メタルシニア


ハードロック・ヘヴィーメタルランキング


スポンサーサイト



テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

いい曲だらけだと!

私もこのアルバムは産業ロックの頂点の1つだと思ってます。
素晴らしい楽曲を上手いボーカルが歌う。これは最高です
けど、この後、時代がスターシップから離れていったのが残念です

その通りですね。

私は、あの「時代」の息吹を今の若い方々にお伝え出来ればと思っています。
プロフィール

メタルシニア

Author:メタルシニア
<性別>男性(1961年生まれ)
<居住地>神奈川県・平塚市
<好みのジャンル>パワメタ・メロパワ・スラッシュ・メロデス・様式美・プログレメタル・メロハー・AOR
<メタルマニアへの履歴>
・初めて聴いたハードロックは、DEEP PURPLEのBURN
・高校時代にKISSにはまり、VAN HALENでギタリストに憧れる
・大学時代にNWOBHM・L.A.METALをリアルに体験
・30歳迄遊びでバンド活動をするも、仕事に忙殺されギターを置く
・但し、メタルは聴き続けてアルバムコレクションは12,000枚超え
・48歳からギターとバンド活動を再開
・湘南の地から、メタルの復興を目指す
*極力24:00台に更新を目指して頑張ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR